会の沿革

1987年(昭和62年) 4月1日  有志11名ほどで親睦会として産声を上げる。

1989年(平成元年) 1月 8日  「雪琵会」と命名し、役員会を構成し、会員11名にて研修会、見学会、
               懇親会を主とした団体として新たに出発した。

1989年(平成元年) 1月12日  「大津プリンスホテル工事現場」を記念すべき第1回見学会として
               スタートした。

2000年(平成12年) 7月21日  臨時総会にて「雪琵会」を(仮称)滋賀県設備設計事務所協会に移行する事に
               満場一致(23名)で可決し、直ちに協会設立準備委員会を設置した。

2000年(平成12年) 8月31日  協会設立準備委員を選出し、設立に向けて始動した。

2001年(平成13年) 3月31日  協会設立準備も整い、後は発足日を迎えるのみと成り協会設立準備委員会を
               解散した。
               又13年間続いた「雪琵会」を自動的に解散した。
               (20名)の参加共々、全国で47番目(最後の県)として
               会員22名・賛助会員114社で、「滋賀県設備設計事務所協会」を発足した。

2008年(平成20年) 1月     有限責任中間法人滋賀県設備設計事務所協会を発足。

2008年(平成20年)12月       一般社団法人滋賀県設備設計事務所協会に名称変更。

               現在に至る。


2019年(平成31年)現在の会員数     正 会 員:14社  賛助会員:77社